車の査定の知っておきたい知識

車を売りたいときに、まずは自分の車が一体いくらで売れるのか?それを買い取り業者に調べてもらう事、それが車の査定です。買い取り業者に自分の車の査定を依頼すると、様々な観点から車を調べて、値段をつけてくれます。その値段で納得いけば、晴れて売買成立、あなたはお金と引き換えに愛車を手放す事になります。しかし、提示された金額が納得のいく金額であるかどうか、一体何で判断しましょう?もしかしたら、足元を見られてぐっと安い金額を提示されているかもしれません。買い取り業者は、ここで手に入れた車を販売して、利益を得ますから、少しでも安く値段をつけたいのが本音です。ここで出来るだけ損をしないためにも、最低限、車の査定の基礎知識は持っておくのが賢明です。少しだけでも、査定のポイントを知っておくだけで、値付けの違和感に気づくかもしれません。また、値付けのポイントを知っておけば、少しでも高く、愛車に値段をつけることが可能になります。知っておいて損はないので、是非知って置いてください。査定のポイントとなる点はいくつかあります。まず一つ、一番重要なものが、車種です。そしてその車のグレードです。人気の車種は、当然値段もあがります。次に、車の年式です。単純に、新しいものほど値段はあがります。そして車の状態です。これには沢山の意味が含まれるのですが、主には、走行距離、傷、内装、カスタマイズ・装飾品の有無などです。特に走行距離は、車の寿命の目安にも関わってきますので、重要な要素です。後重要な要素としては、事故暦・修理暦です。これらの経歴が認められるのと、そうでない場合ではやはり値段に差がつきます。他にも、オプション品の有無・状態、車のカラーリングなどもあります。カラーは、同じ車種でも、人気のあるカラーだと値段が上がることがあります。そしてこれらの目安に、市場の人気や相場、そして車検の残り期間などを加味し、ておおよその査定額が決められます。人間の手で測られるものですので、査定に出すときは車をピカピカにし、出来れば匂いなんかにも気を使うと、心証が良くなることもあるでしょう。

ページトップ